Photo 試してみました RAW現像

【Photo】老後の趣味としてデジタル一眼レフカメラで写真を撮り始めて7年半になります。
「楽しむ」が大前提なんですが、少しは自分が撮りたい写真に近づきたいと[Lightroom]の[管理]と[RAW現像入門]の講座を受けてきました。

[管理]は受講しておおよそ分かりましたが、[フォルダ管理] → [カタログ管理]に移行できるか?
所有している写真関係ソフトの整合性、長年なじんだ[フォルダ管理] 頭の整理が必要なようです。

[RAW現像]は以前から、[自動補正]等は時々やっていましたが、もう少し習ったことをやってみました。
初期にNikonの講座を受け、その時「初心者こそRAWで撮りなさい」と言われ、RAWで撮っています。
(※ RAWを扱うにはパソコンスペックが少し高くないと、動きが付いてこないと思います)

※ [Lightroom]は変更度合いはRAWに比べて狭いけど、JPEG写真も編集できるようです。



下の写真は5月21日にもアップした[青紅葉]です
[自動補正]すると、殆どの写真が[露出][コントラスト]高めになります、今まではそれのみ自分好みに
600_9432元


今まで意味が分からなくて、さわったことのないスライダー動かしてみました
背景の紅葉の表現(どれ位ハッキリ)自由に出来ますね、撮るときの悩みが減りそう
600_9432補正後


上の写真では違いがハッキリしないので、極端にやってみました(元の写真)
撮るときは紫陽花の葉っぱに出来た萼の影を撮りたいと思ったのですが・・・
500_2253元


背景の暈けが綺麗だけど、影を目出させるには少しウザい
[黒レベル][白レベル][シャドウ][ハイライト]等の動かし方を習ったので思い切って
500_2253.jpg
[切り抜き][スポット修正](Photoshopの[修復ブラシツール]を融合したようなツール)も試してみました
個々の修復は習いませんでしたが、以前から PhotoshopCS6 で[切り抜き][修復ブラシ]は使っていました


Lightroom 6 使用してみて思ったのは、もちろん写真撮るときにこんな風に撮りたいと[設定]しないといけないでしょうが、
「思った以上に写真を変えられる」でした。
[測光モード]は同好会の先生から「[中央重点測光]や[スポット測光]でも撮ってみなさい」と言われているのですが、後からソフトで測光モードは変更出来ない、その場で変更するのを忘れるが一番の理由ですが、「こんなに後から変更出来るのであれば面白そうなので試してみよう」と思いました。

まだまだ練習が必要ですし、今回の講座の続き 下記が大阪で開催されるのを目標にします。

  ここまで出来るLightroom!現像機能 徹底使いこなし!

  中原先生のホームページ ・・・参考にさせていただいています



Adobe Photoshop Lightroom 使用するには、ハード面の充実が必要なようです、それは追々。
Lightroom 6 で試しました(PhotoshopCS6・・・最近のカメラ [RAW現像]不可) + Elements15
LightroomCC+PhotoshopCCへの移行も考えますが、歳なので・・・当分はこのまま練習します。

※ Lightroom の体験版 ver.5だそうです・・・責任は持てませんがそう言う記事を目にしました。
  ver.5 は32bit,64bit どちらのパソコンにもインストール可能だそうですが、もう販売終了。
  体験版で試して、購入したら ver.6で32bitパソコンにはインストール出来なかったそうです。
  私は購入するときに失敗して、ver.5とver.6を持っていますが、最近のカメラの現像 5 は不可

  でも 今回の講座を受講したとき、32bitの2in1パソコンにインストールして持参できたので、
  「良かった」と思っています。
  



コメントの投稿

非公開コメント

全記事(数)表示
全タイトルを表示
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

sky

Author:sky
日々「物忘れ」に悩まされながら、拙いお遊びをしている団塊世代です
ご覧頂いて有り難うございます

パソコンで遊ぶ[HOME]

  • Enjoy PC (本館)
  • JTrimで加工
  • 管理画面
  • 最新記事
    最新の記事
    カテゴリ
    ↓[各カテゴリ]をクリックすると上部[最新記事]に一覧表示します
    最新コメント

    openclose

    リンク
    過去記事(ログ)スクロール

    2018/05 (2)

    2018/04 (3)

    2018/03 (2)

    2018/02 (2)

    2018/01 (3)

    2017/12 (2)

    2017/11 (2)

    2017/10 (3)

    2017/09 (2)

    2017/08 (2)

    2017/07 (5)

    2017/06 (4)

    2017/05 (4)

    2017/04 (5)

    2017/03 (4)

    2017/02 (4)

    2017/01 (4)

    2016/12 (4)

    2016/11 (4)

    2016/10 (5)

    2016/09 (4)

    2016/08 (4)

    2016/07 (5)

    2016/06 (4)

    2016/05 (5)

    2016/04 (4)

    2016/03 (4)

    2016/02 (4)

    2016/01 (5)

    2015/12 (3)

    2015/11 (5)

    2015/10 (4)

    2015/09 (4)

    2015/08 (5)

    2015/07 (5)

    2015/06 (4)

    2015/05 (5)

    2015/04 (4)

    2015/03 (5)

    2015/02 (4)

    2015/01 (4)

    2014/12 (4)

    2014/11 (5)

    2014/10 (5)

    2014/09 (4)

    2014/08 (6)

    2014/07 (4)

    2014/06 (5)

    2014/05 (4)

    2014/04 (4)

    2014/03 (5)

    2014/02 (4)

    2014/01 (4)

    2013/12 (4)

    2013/11 (4)

    2013/10 (4)

    2013/09 (5)

    2013/08 (5)

    2013/07 (6)

    2013/06 (7)

    2013/05 (5)

    2013/04 (6)

    2013/03 (6)

    2013/02 (4)

    2013/01 (5)

    2012/12 (4)

    2012/11 (4)

    2012/10 (6)

    2012/09 (5)

    2012/08 (4)

    2012/07 (5)

    2012/06 (4)

    2012/05 (6)

    2012/04 (5)

    2012/03 (4)

    2012/02 (4)

    2012/01 (5)

    2011/12 (5)

    2011/11 (4)

    2011/10 (5)

    2011/09 (4)

    2011/08 (4)

    2011/07 (11)

    2011/06 (10)

    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    カウンター
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    pictlayer
    QRコード
    QR